FC2ブログ

UNO.

オンラインゲーム「ワールド・ネバーランド ~ゼーン大陸物語~」のプレイ日記です.

Category :  スポンサー広告
tags : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  9代目ムゲン
tags : 
八月末、四ヶ月ぶりに例のアンケートへ投票がありました。
いよいよ青髪にも1票が入ったかあ時代がくるの遅かったけど
仕方ないよねだって青髪の人は恥ずかしがり屋だから!
と思って結果を見にいったら赤髪への投票でしてね・・・ガッカリです。

その数日後に、またまた投票がありました!
今度こそ青髪にも1票が入ったかあ時代がくるの遅かったけど
仕方ないよねだって青髪の人は恥ずかしがり屋だから!
と思って結果を見に行ったら金髪への投票でしたよ・・・。

なんだろう。

なんだろうなあこれ。

そろそろ青髪の誰かさん、恥ずかしがるのは卒業して・・・!

先日も投票がありましたが、それは充分に票が間に合ってる
赤茶への1票でした・・・。
ムゲンです。
でも赤髪も金髪も赤茶髪もステキだとボク思ってますから・・ホントですから・・!

さて。
先日、久しぶりにノン・フライ デルフィンさんに会えました。
Aだと思って声をかけたら中身入りでした。へへ、失礼。
会ってみると、今世は青髪の彼。
対するボクは火炎の髪とナーイ拳術師団の制服といういでたち・・・。

20091004.png


そう。
九代目のボクは不本意ながら、眩しすぎる恰好で表を
うろつく羽目に陥っていたのです。
青髪を常に推奨し、自身も一度として青髪を手放すことのなかった
ボクの情けない姿の理由、本日はそれを皆さんに聞いていただきましょう。
(火炎好きな方お詫びします・・)

ボクの友人たちは、これまで何度も青髪を巡るあれこれをブログに
綴ってきました。彼らの記事の中に幾度となく見られた青髪への中傷、
青髪への蔑み、青髪に対する憎しみを、ボクは許します。
人間として最も尊く気高い行為、それは許すことだから・・・。
と、このような紳士のボクが、どうして火炎色の髪と火炎のナーイ服に
なっちゃったかですね。
ボクの染髪の理由を問うたノン・フライ デルフィン氏。
拙稿を彼に捧げます。

まあみなさんにお話する前に、火炎になった理由を忘れちゃったボクなわけです
けれども・・・。

いや、理由はボクとポテコちゃんと紳士とちーちゃんとで賭けをしたところ、
紳士殿がお勝ち遊ばしてしまい、その他が負けたからなんだけど・・・
なんで髪の色まで変えなきゃなんなかったのか、なんでその髪の色を
一世代保っておかなきゃならなくなったのか。もう覚えてないや、はは。
他人の記憶をカンニングしようにも、カンニング先の記事がまたあやふやだし・・・
あの人の記憶喪失が移ったかなボクにも。やだやだ。
あの日のことで覚えていることといったら、青髪にしたらショッキングな姿になった
ポテコちゃんのことくらいだよ・・・当時婚約中だった彼女が、「彼に合わせる顔が
ない」と泣き、しまいには「回文で毒を吐いてやる!」と恐ろしいことをのたまった
からね。子供だったボクはビビっちゃった。あの可愛いポテコちゃんがあんな風に
グレてしまうなんて・・・。青髪が悪いんじゃないぞ!たまたまポテコちゃんの格好が
不運だっただけなんだぞ!
そのあたりのことはカンニング先の記事でお願いします・・・。

さて、青髪になりショッキングな姿になったポテコちゃんは、あの日の勝者であった
紳士に再戦を申し込んだ。婚約者から髪の色を元に戻すように言われたらしい。
青色の髪になりステキな姿になったちはや嬢と火炎の髪になってしまったボクは、
彼らの再戦に加わることになった。ポテコちゃんが紳士に勝てば彼女の髪の色は元に
戻すことができ、婚約者と結婚できる。そういう趣旨の戦いであったはずなのに、
何故か「負けたヤツはナーイ拳術師団の上着と帽子を終生着用すること」という
新ルールまで加わった戦。
戦いは何戦も重ねられ、結果、

首位は紳士に。(ばか!)

そして、

ちはや嬢とボクがナーイの服を着る羽目に・・・。

ポテコちゃんは、ある一戦で紳士に勝利したため髪の色を戻してよしとなった。
余談ですが、あの時ほど全員が一丸となって誰かの勝利を願ったことはない気が
します・・・。

髪の色を変えた時、バカバカしい染髪式が行われた。
だからナーイの服の時も、なんか服の授与式が行われた。
子供だったボクは式に出席しながらも、こみあげてくる涙をこらえられなかった。
ナーイの上着と帽子・・上着はいいよ下に着る服でなんとでもなる。
だけどこの帽子は・・しかも火炎色とか・・・泣ける・・・!

20091004-2.png

この時ほど、大人になりたくないと思ったことはなかった。永遠に子供のまま
でいられたら。そうしたら、ボクはこのカッコ悪い服を着ずに済むのに・・・。

紳士がボクの名前を呼ぶ。ボクは泣きながら前に進み出る。
ああいやだ。こんな服いやだ。上着はいいけどこの帽子のこの色はいやだ。
ぐずぐずとボクがナーイの服を受け取った時、ポテコさんがボクに声をかけた。

「私のためにすみません・・・私が言い出さなければ・・こんなことには・・」

そう、確かに事の起こりはポテコちゃんの再戦申し込みからだった。
そして今、彼女は髪の色を戻すことを許され、ボクはこのダサい格好を
強要されようとしている。
しかし、それがなんだというのだ?この戦いにより、ポテコちゃんには永久の幸せが
約束された。それで充分じゃないか。ボクはナーイの服を握りしめ、ポテコちゃんに
笑ってみせた。

「ううんポテコちゃんのためなら・・・」

いいんだ、ポテコちゃんのためなら。回文プリンセスのためなら。こんな上着と帽子を
身につけるくらいなんだってんだ。
ボクは紳士だ。だから女性のためにならいつでも、どんな犠牲でも払ってみせるんだ。

「余談wゲ…!無念ねムゲンだよ」(ヨダンゲムネンネムゲンダヨ)

回文プリンセスよ反省してくれてます?

こうしてボクは、火炎色の髪となり、火炎色の上着と帽子を被って一生を送ることに
なったのだった。否応なしに大人となって・・・。

<後日談>
そして、髪の色を青から元の色に戻すことを許されたはずのポテコちゃんは・・・

結婚式の前日まで青い髪のままで過ごし、「当日もあの髪だったらどうしよう」
と婚約者を不安がらせたのだった。

コメント


赤に投票したのは俺です どうも!
ゼーン1素敵な髪の色は赤ですよ

しかしポテコのためにすまんかったねえ
そこまでしておきながら 当日 まで青いままでした(=⊿=)
2009/10/04 11:12  6村長  URL  #SFo5/nok  編集


ポテコさんのせいにしてるけどそれは違うね・・!
勝負に負け続けてメインが染める物がなくなっ
たからサブにまで手を出すハメになったムゲン
君の弱さが原因なんだよ・・!

あの日・・髪の色を戻さないと結婚できないと
切実に訴えてきたポテコさんの願い虚しく勝った
ボク。ナーイに身を落としたムゲン君とちはや。
みんなかっこよかったなぁ・・!

追伸:イコイバに投票しておきましたよ!
2009/10/04 17:54  アキ  URL  #-  編集





一言で表すとこんな気分です(`・ω・´)
2009/10/04 22:27  ちはや  URL  #-  編集


>村長

 >そこまでしておきながら 当日 まで青いままでした(=⊿=)

 い、芋さん・・・青髪が気に入ったのなら素直に言ってくれたら
 よかったのに!
 本編はアレでしたけど、つまりはボクが勝負に負けたことが
 そもそも不甲斐なかったってことで。面目ないww
 
 >赤に投票したのは俺です どうも!
 なんだってー?!赤も票は間に合ってたはずなのに・・・。
 いや、うん。赤はステキな色だね。この世に青が存在しなかったら、
 きっと1番だったかもね、うん。
2009/10/12 01:35  ムゲン  URL  #MDo56pwE  編集


>紳士
 
 >勝負に負け続けてメインが染める物がなくなったからサブにまで
 >手を出すハメになったムゲン君の弱さが原因なんだよ・・!

 そうですね・・・ボクの弱さは認めます。
 だけど紳士のヒドさとは別もんやろw結婚かかってる相手を
 容赦なくたたきのめしやがって・・・!
 でも勝負の最後に、自分の負けでいいと言ったあなたの
 態度。紳士の枠に入れてもいいと思ってます。

 追伸:
 >イコイバに投票しておきましたよ!
 青に入れてくれたんだねありがとう!紳士っていい人だったんだねw

 追伸2:どの色に投票してんだアンタ∑ポゥマンに退治されちゃえ><。
2009/10/12 01:38  ムゲン  URL  #MDo56pwE  編集


>ちーちゃん
 
 キミは呪う相手をお間違えですぞ!
 こういうことは「紳士たれ」のほうでおやりなさい!
2009/10/12 01:40  ムゲン  URL  #MDo56pwE  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mugen00001.blog86.fc2.com/tb.php/15-4fbb5478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。